きのこ女子大

KINOKO LAB. きのこ研究室

きのこは種類によっていろいろな特徴があります。ここでは栄養や栽培のしかたについてご紹介します。 きのこは種類によっていろいろな特徴があります。ここでは栄養や栽培のしかたについてご紹介します。

LABO 01 きのこの種類

日本には、4000から5000種のきのこが存在していると言われていますが、正確には分かっていないそう。そのうち食べられるきのこは約100種類ほどで、ほとんどは食毒が不明なのだとか…。ここでは、国内で栽培されている食用のきのこを中心に紹介します!

  • えのきたけ
    ENOKI MUSHROOM

    明治時代から栽培されているきのこ。現在、長野県中野市が全国1位の生産量を誇っています。白色でつやがあり、軸がしっかりしているものが良品。POINTえのきたけ特有の成分「エノキタケリノール酸」は内臓脂肪燃焼効果あり。

  • ぶなしめじ
    BUNA-SHIMEJI MUSHROOM

    長年の品種改良により苦味が抑えられ、うま味成分がたっぷり。味にクセがないので和洋中さまざまな料理に使え、シャキシャキ食感を楽しめます。POINT疲労回復効果のある「オルニチン」が、100gあたりしじみ350個分含まれる。

  • なめこ
    NAMEKO MUSHROOM

    ヌルヌルの成分に覆われており、ツルリとした口当たりが美味しい日本原産のきのこ。褐色で身が固く引き締まったもの、水分に濁りのないものが良品。POINTぬめり成分「ムチン」には胃の粘膜を保護する働きあり。

  • エリンギ
    ERYNGII MUSHROOM

    90年代に栽培が始まり歴史は浅いですが、今や人気きのこの一つ。歯ごたえのある食感で、味にクセがないため、和洋中どんな料理にも合います。POINT他のきのこに比べトレハロース(低カロリーな糖)を多く含む。

  • しいたけ
    SHIITAKE MUSHROOM

    日本を代表するきのこ。かつては原木栽培が主流でしたが、現在では菌床栽培も盛んになっています。干ししいたけはダシ素材として昔から使われています。POINTカルシウムの吸収を助けるビタミンDを含む。

  • まいたけ
    MAITAKE MUSHROOM

    うま味と香りが強く、歯ごたえがいいきのこ。「思わず踊り出したくなるほど美味しい」ことから舞茸と名付けられたと言われています。POINT発がん抑制成分として注目されるβ-グルカンが豊富。

  • ひらたけ
    OYSTER FUNGUS

    軸が短く平たい傘が重なり合っているのが特徴のきのこ。香り、歯ごたえがよく、煮物や鍋など煮込むほど味が染みて美味しくなります。POINT高血圧予防によいカリウム、造血作用のある葉酸が豊富。

  • 山茶茸
    YAMACHA MUSHROOM

    野生のえのきたけをイメージして作られた品種で、「柿ノ木茸」という名でも流通しています。風味が強く、太い軸の歯ごたえも美味しいきのこです。POINTうま味成分のアミノ酸は白いえのきたけの約3倍!

  • マッシュルーム
    MUSHROOM

    欧米では最もポピュラーなきのこ。日本でも明治時代から栽培されており、缶詰が主流でしたが、最近では生鮮品も増え、ホワイト種、ブラウン種が出回っています。POINTうま味成分のグアニル酸とグルタミン酸が豊富。

  • 黒あわび茸
    OYSTER MUSHROOM

    ひらたけの仲間で、傘の色が黒から茶褐色をしているきのこ。コリコリとした歯ごたえが特徴で、その歯触りがアワビに似ていることから「黒あわび茸」と呼ばれています。

  • バイリング
    BAILINGGU

    栽培に手間がかかり高級きのことして扱われています。色は純白、肉質は厚く適度な歯ごたえがあり、味にクセがないので、さまざまな料理に合わせられます。